• 中井咲希

被介護者の“少しでも迷惑をかけたくない”を叶える【介護脱毛】


近年、40代,50代の方の”アンダーヘア脱毛”,”介護脱毛”がブームになってきています。


介護脱毛の希望者が増えている背景として、まず挙げられるのが「少しでも迷惑をかけたくない」という思いがあります。


ムダ毛があるのとないのとでは、排泄ケアの負担が大きく異なります。



する側/される側、精神的/肉体的それぞれに大きなストレスとリスクを生むのが、介護の現場における「排泄処理」です。


そんな負担を軽減するために、介護脱毛を検討する方が増えているのです。


特に、すでに介護を経験したことのある方であれば、介護脱毛への希望が強い傾向にあります。


また介護を受けている高齢者が身近にいる場合、「自分自身がもしも介護される立場だったら…」と、改めて自身の将来を見つめなおす機会を持つ方もいらっしゃり、介護脱毛希望者が増えています。

そして、どれくらい負担が変わるかというと、介護者に聞くとこうおっしゃってました。


「現場の感覚から言えばアンダーヘアがある人の陰部を清潔を保つための苦労を10とすれば、脱毛している人のそれは2くらいになる」


“介護脱毛”一つで劇的に変わるのです。


———————————————————————————————

【介護歴10年以上の女性が語る】介護脱毛の必要性とメリットとは?

https://www.youtube.com/watch?v=NWutF_El3bA&t=161s

*実際の介護現場から”介護脱毛”ってどうなんですか?

についてお話ししていただきました。

———————————————————————————————

「少しでも迷惑をかけたくない」

そんな思いやりのある、被介護者の希望を叶えることができるのが

“介護脱毛”なのです

2回の閲覧

介護脱毛 男性・女性|大阪 梅田での介護脱毛は介護脱毛サロンmirai(みらい)|介護されてもどこまで も自分らしくあるためのmirai(みらい)への備えです|看護の経験を生かした安心な施術|当サロンでは介護脱毛をmirai(みらい)脱毛と呼んでいます|​mirai(みらい)のための脱毛こそ介護脱毛だと考えています

©️2019mirai

©︎mirai All Rights Reserved.