• 中井咲希

介護で疲れたその時に。負担を軽減する方法@老舗介護脱毛サロン | みらい脱毛

家族の介護だけでなく、仕事として介護をしている方の多くが介護疲れを感じています。介護疲れは介護うつなどを引き起こすため、大きな社会問題にもなっています。



ここでは介護疲れの原因と負担を軽減する方法をお話していきます。


介護で疲れてしまう原因

介護疲れは身体的、精神的負担と認知症の症状がある場合の負担、そして経済的な負担が複雑に絡み合うことによって、誰にでも起こり得ます。



それぞれの負担がどこから来るのか。



まず身体的負担は、朝起きて離床するために起床介助、座る場所などを変えるための移動介助、車椅子を使う方は車椅子移乗も行うでしょう。そして移動するための体位変換、衣服の着脱、トイレや入浴の介助など、介護者は要介護者の体を1日に何度も持ち上げたり、支えたりしています。



そのため、膝や腰、腕などに過度な負担がかかります。



また、散歩や通院の付き添いから来る疲れもあります。夜になってようやく就寝できると思bあ、夜中に何度もトイレ介助やおむつ交換に起こされ、十分な睡眠が取れない介護者も多くいます。



このような毎日を過ごすことで介護者の身体的な負担は相当なものになっていくのです。



精神的な負担

介護者は要介護者との関係、他の家族との関係、介護スタッフとの関係などいろんな立場の人との人間関係に疲れてしまうことがあります。



その人間関係が煩わしくなると、介護者は1人で介護を抱え込みがちになり、孤独感を深めていきます。



また、介護者との関係ではよかれと思ってしたことが伝わらなくていらだちを覚える、要介護者の言動に我慢できなくなってつい怒鳴ってしまい、その度に自己嫌悪に陥るといったこ

とが多いでしょう。



また、他の家族や親族の非協力的な姿勢からストレスをためにしまう介護者は多く、介護うつになる人は「自分だけが介護することを強いられて自由がない」と訴えます。



他にも介護に関わってくれているヘルパーや、ケアマネージャーとの相性が合わずに、介護サービスに不満があっても言い出せず、それが精神的な負担になってしまうケースもあります。



経済的な負担


訪問介護などの介護サービスを介護保険の支給限度額内に収めたとしても、在宅介護には紙おむつや防水シーツ、介護食品などの介護用品に費用がかかります。



負担を軽減する方法

介護保険サービスなどの高齢者支援サービスを利用することは何度も耳にしたことがあると思います。



しかしできれば自分の力で介護をしたいと考えている方も少なくありません。

そんな方に、一番精神的にも身体的にも負担だと考えられている排泄の援助の負担を軽減できる方法を紹介します。



それはアンダーヘアーの脱毛です。おむつを使用する方は特に排泄物が毛にこびりつくこともしばしばあると思います。そして、長時間放置した排泄物はこびりついて固まってしまい、異臭を放ったり交換時に時間がかかってしまったりなど介護者も要介護者も負担がおおきいです。



それを軽減するためにアンダーヘアーの脱毛は有効です。





当店はいつでもお待ちしております。



@老舗介護脱毛サロン | みらい脱毛



5回の閲覧

介護脱毛 男性・女性|大阪 梅田での介護脱毛は介護脱毛サロンmirai(みらい)|介護されてもどこまで も自分らしくあるためのmirai(みらい)への備えです|看護の経験を生かした安心な施術|当サロンでは介護脱毛をmirai(みらい)脱毛と呼んでいます|​mirai(みらい)のための脱毛こそ介護脱毛だと考えています

©️2019mirai

©︎mirai All Rights Reserved.