• 中井咲希

いつか介護されるかもしれない未来に備えて今できること@老舗介護脱毛サロン | みらい脱毛

介護予防のアプローチは、平成18年(2006)、介護保険法の改正にともない、国の精度として導入されました。


高齢社会が進む日本で、今後も割合が増え続ける高齢者がなるべく介護を必要とせず自立した生活を遅れるよう、早期の予防策を打つことが目的です。介護予防を行うことで高齢者が健康に生きていける社会の実現を目指します。





今回は、自分の老後が心配な人、まだ元気な両親についてまでも健康で長生きしてもらいたいと思っている人のために、今できること、そしてサービスについてお話します。



介護予防の目的

介護予防は、65歳以上の高齢者が「要介護状態になることを極力遅らせること」または「要介護状態になるのを未然に防ぐこと」、そして「すでに介護が必要な場合は、状態が悪化しないよう努め、改善を図ること」を目的としています。

具体的には、食生活の見直しによる栄養面での改善、体操やレクリエーション、リハビリテーションなどを通じての運動能力低下の防止、「物を食べる(噛む・飲み込む)」「十分な唾液の分泌を促す」「会話をする(言葉を発する)」「豊かな表情をつくる」といった口腔機能の向上を図り、日常生活の質(QOL)を高めるためにケアします。

介護予防は、あくまでも予防を目的としたサービスであることから、対象となるのは基本的に自立している健康な高齢者(地域支援型の予防サービスのみ)と、要支援1~2の高齢者です。

すでに要介護状態である高齢者については、介護度が低い状態(要介護認定1)のうちからケアをすることで状態の悪化を防いだり、遅らせたりできる可能性が高いと判定された場合に、介護予防サービスを受けられることもあります。

【実際の声】今から始めることができること


まだ自分で動くことができる人には将来の自分のためでもあり、介護してくださる方のためにも助けになることがあります。


実際にご家族の介護を目の当たりにした方からお聞きしたのですが、介護で一番負担がかかるのは排泄の援助と聞きました。


排泄の援助は体力を必要とします。「おむつ交換などする際に手間がかかった経験があり、自分が介護をうける時には介護者に迷惑をかけたくない」と思う方も多いです。


また、お嫁さんや若い介護士の方に汚いと思われたくないと思われたくないと考える方も少なくありません。


いざ介護となった場合、介護される側のムダ毛トラブル

歳を重ねていくと徐々に免疫力が下がり、些細なことでも肌トラブルの原因となってしまいます。肌の回復力も低下しているため、いったん皮膚のかゆみやただれが起きてしまうと治りにくくなり、長時間不快な状況が続いてしまう可能性があります。


介護される時にアンダーヘアが長いままだと様々なトラブルが起きてしまいます。


アンダーヘアが長いことで起こるトラブル


・不衛生な状況が続くと雑菌が繁殖し匂いの原因となる。

・おむつ着用での生活となった場合、排泄物が陰毛にこびりつくこととなり、きれいに拭き取ることが困難になる。

・着替えの時に拭き取るが、何度も強く拭き取ることで肌が損傷し、皮膚が赤くただれ、痒みや痛みの原因となる。

・状況によってはシラミの発生など不衛生な肌環境を作る原因となる。


このような事態はアンダーヘアを脱毛しておくことで簡単に対応でき生活の快適度を大きく改善することができます。


介護負担を軽減するためにできる

当店は介護負担の大きな部分である排泄の援助を軽減できるよう支援しています。それが介護脱毛です。


みらい脱毛はいつか訪れるかもしれない介護に向けて事前に準備しておく脱毛です。当店では「未来に備えた脱毛」ということから介護脱毛を「みらい脱毛」と呼んでいます。


みらい脱毛は自分のためにも介護してくれる方にも嬉しい脱毛になります。


興味のある方はまずはカウンセリングから行いますのでお気軽にご連絡ください。


@老舗介護脱毛サロン | みらい脱毛


0回の閲覧

介護脱毛 男性・女性|大阪 梅田での介護脱毛は介護脱毛サロンmirai(みらい)|介護されてもどこまで も自分らしくあるためのmirai(みらい)への備えです|看護の経験を生かした安心な施術|当サロンでは介護脱毛をmirai(みらい)脱毛と呼んでいます|​mirai(みらい)のための脱毛こそ介護脱毛だと考えています

©️2019mirai

©︎mirai All Rights Reserved.