​​みらい(介護)脱毛とは

Flow

 
 

VIO脱毛とは

VIO脱毛とはデリケートゾーン(アンダーヘア)のムダ毛を処理すること。

VIOラインがどの部位を指すのか確認しましょう。

Vライン:ビキニラインのことでショーツを履いて隠れる部分

 Iイン:陰部、性器周辺

Oライン:肛門周辺

VIO脱毛のメリット・デメリット(女性)

VIO脱毛を行うと、実際どんな良いことがあるのでしょうか?

ここでは、「VIO脱毛のメリット」を、リアルな口コミと併せてご紹介していきます。

VIO脱毛の3つのメリット

・水着や下着を綺麗に着こなせる

・生理中の不快感軽減と清潔感のキープ

​・自己処理の手間から解放される

水着や下着を綺麗に着こなせる

40代・50代から脱毛することのメリット①

介護施設では、入浴頻度入浴頻度は週に2回、つまり3ー4日に1回程度の入浴頻度が一般的です。そのためアンダーヘアがあると、下着の蒸れ、痒みや、雑菌が繁殖することで臭いの原因になったりし、不衛生になることがあります。

 

アンダーヘアを処理し衛生的な状態を保ちやすくしておくのが重要になります。

40代・50代から脱毛することのメリット②

想像できないと思いますが、オムツ着用での生活になると排泄時に、オムツの中で尿や便がアンダーヘアに絡まってしまいます。

 

アンダーヘアにこびりついた汚れは落ちにくく、そこからIAD(Incontinence Associated Dermatitis:失禁関連皮膚炎)を患うことも。

年齢を重ねるとやはり、皮膚のバリア機能が低下しているため、尿や便の接触から感染症になりやすくなっています。

さらに一度肌トラブルを起こすと症状が長期化してしまう可能性もあります。

介護脱毛をしておけば、アンダーヘアに排泄物は絡まりませんので、皮膚感染症の予防に大きく役立ちます。

40代・50代から脱毛することのメリット③

介護脱毛すると衛生的に良い

年齢を重ねるとオムツが必要になる、トイレには行けても拭き取りがうまくできなくなる、など排泄介助が必要になる方がいます。

 

介護者に清拭を手伝ってもらったり、オムツ交換をしてもらうことになります。

 

もしそうなった時に、毛がない分スムーズにでき、介護者の負担がかなり軽減されます。

 

介護者の実感からすると8割ほど負担軽減になるそうです。

一見これは介護する側にメリットがあるように思えますが、

 

介護される方にとってはスムーズにオムツ交換できる分、相手に対する申し訳なさ・恥ずかしさが軽くなります。

 

さらに、毛がないことで何度もゴシゴシ拭くうちに肌が傷つきただれてしまということもなくなり、

 

介護を受ける側にとっても大きなメリットになり、介護を受ける側、する側がより快適に生活することができるのです。

​介護脱毛で肌トラブルのリスクを軽減できる

​介護脱毛すると排泄介助がスムーズに

​COMMITMENT

看護経験のあるスタッフによる安全、安心な施術

光脱毛(蓄熱式)のため、痛みを最小限に抑えた脱毛

痛みがないだけではなく、効果がしっかりと出る最新機器を導入

お客様の好みに合わせた、Vラインのハイジニーナやデザインのご相談

​介護脱毛サロン mirai のこだわり

BOOKING​

​ご予約

ご予約はお電話・WEBにて受け付けております。
ご不明な点やお問い合わせに関しましては、お気軽にご連絡くださいませ。

介護脱毛 男性・女性|大阪 梅田での介護脱毛は介護脱毛サロンmirai(みらい)|介護されてもどこまで も自分らしくあるためのmirai(みらい)への備えです|看護の経験を生かした安心な施術|当サロンでは介護脱毛をmirai(みらい)脱毛と呼んでいます|​mirai(みらい)のための脱毛こそ介護脱毛だと考えています

©️2019mirai

©︎mirai All Rights Reserved.