​​みらい(介護)脱毛とは

Flow

 

Respect

お客様ご自身のために

​みらい脱毛(介護脱毛)を推進しております。

みらい脱毛(介護脱毛)とは将来、自分が介護される立場になったときを際に、アンダーヘアが長いと排泄時に不衛生になり、様々な肌トラブルを招く可能性があるので先に主にアンダーヘアを脱毛して介護に備えておくことです。

 

最近、美容的な観点からVIO脱毛に関心を持つかたも増えてきています。

毛量を調整したり無毛状態にしておくことで排泄物が付着して清潔さを損なわないように、悪臭を発生しないように予め備えておくための脱毛になります。

 

介護の大変さを身を持って体験している40代、50代のかたに需要を高めています。


*当サロンでは「みらいに備えた脱毛」から介護脱毛を「みらい脱毛」と呼んでいます。

happylife

脱毛は40、50代の方の

スタンダートになりつつあります。

 

毛が長いと排泄時に不衛生になり、様々な肌トラブルを招く可能性が増えるとともに、介助に時間がかかるため介護者・要介護者両者に精神的な負担がかかります。

 

「自分が介護される立場になったら」と親の介護を経験して脱毛の必要性に気づく人が増えています

<介護する側の精神的な負担例>

●毛に排泄物がからまり時間がかかる
●早く終わらせてあげたいのに申し訳ない
●清潔に保たないと肌荒れする可能性も

<介護される側の精神的な負担例>

●毛に排泄物がからまり時間がかかる
●早く終わらせてあげたいのに申し訳ない
●清潔に保たないと肌荒れする可能性も

 

介護時にムダ毛トラブルに悩む人は60%以上!

ベッドで寝たきりになり、おむつを着用した状態で排泄するとおむつの中は尿や便でいっぱいになります。

アンケートでも、介護で大変だったことの1位が「排泄の介助」となっています。

介護脱毛は自分のため

40代・50代から脱毛することのメリット①

介護脱毛すると衛生的に良い

 
 

介護施設では、入浴頻度入浴頻度は週に2回の入浴頻度が一般的です。

 

そのためアンダーヘアがあると、下着の蒸れ、痒みや、雑菌が繁殖することで臭いの原因になったりし、不衛生になることがあります。

 

アンダーヘアを処理し衛生的な状態を保ちやすくしておくのが重要になります。

40代・50代から脱毛することのメリット②

​介護脱毛で肌トラブルのリスクを軽減できる

 

オムツ着用での生活になると排泄時に、オムツの中で尿や便がアンダーヘアに絡まってしまいます。

 

アンダーヘアにこびりついた汚れは落ちにくく、そこからIAD(Incontinence Associated Dermatitis:失禁関連皮膚炎)を患うことも。

年齢を重ねるとやはり、皮膚のバリア機能が低下しているため、尿や便の接触から感染症になりやすくなっています。

 

さらに一度肌トラブルを起こすと症状が長期化してしまう可能性もあります。

介護脱毛をしておけば、アンダーヘアに排泄物は絡まりませんので、皮膚感染症の予防に大きく役立ちます。

40代・50代から脱毛することのメリット③

​介護脱毛すると排泄介助がスムーズに

 

年齢を重ねるとオムツが必要になる、トイレには行けても拭き取りがうまくできなくなる、など排泄介助が必要になる場合があります。

 

介護者に清拭を手伝ってもらったり、オムツ交換をしてもらうことになります。もしそうなった時に、毛がない分スムーズにでき、介護者の負担がかなり軽減されます。

 

介護者の実感からすると8割ほど負担軽減になるそうです。

一見これは介護する側にメリットがあるように思えますが、介護される方にとってはスムーズにオムツ交換できる分、相手に対する申し訳なさ・恥ずかしさが軽くなります。

 

さらに、毛がないことで何度もゴシゴシ拭くうちに肌が傷つきただれてしまということもなくなり、

介護を受ける側にとっても大きなメリットになり、介護を受ける側、する側がより快適に生活することができるのです。

40代・50代から脱毛することのメリット④

​介護される際の「恥ずかしさ」が軽減

 

将来、自分が介護される身となったとき、当然ながらデリケートゾーンが他人に見られるわけです。

処理していないデリケートゾーンを人に見られることに抵抗を感じる方は多く、介護に備えて介護脱毛を済ませたいと考える方もいます。


特に、女性は「ムダ毛が恥ずかしい」と感じる方が多いため、介護脱毛を検討する方が少なくありません。

 

介護脱毛は​どこまで脱毛すればいい?

アンダーヘアはVライン、Iライン、Oラインで区別されます

Vラインとは正面の股際の部分

Iラインは性器の周辺

Oラインは肛門周り

 

のことを指しています。

 

毛量が多くショーツやオムツ内で、蒸れやすく臭いの原因ともなるため、完全に無毛にするまではいかなくとも減毛して少なくしおくことが望ましい。

Vラインについて

ビキニラインのことで

ショーツを履いて隠れる部分

​痛み

​軽くゴムを弾く程度かそれ以下の痛み

​施術時の体勢

​仰向け

​下記のデザインも人気

ハイジニーナ(無毛)

完全無毛のアンダーヘアスタイル。VIOすべてのムダ毛を脱毛します。ニーズも強く、特に30代・40代の方で初めて脱毛する方がハイジニーナスタイルを選択する件数が増加している印象です。

介護脱毛される、約9割がハイジニーナです。

​ナチュラルデザイン

違和感のない幅広めで丸みを残した逆三角形のデザイン。

清潔感を保ちつつ、いかにもお手入れしている感をださない自然なヘアデザイン
 

​トライアングル

シャープで直線的な逆三角形のスタイル。

Vラインを小さく残すスタイリッシュなスタイル。
全て無くしてしまうことには抵抗があるが、自己処理が少なく快適で幅広いファッションが楽しめるヘアスタイル。

 

排尿による尿などの影響を考えると、排泄時に尿が付着しやすいため脱毛することによる介護者や介護される側のメリットはかなり大きなものになります。男性であれば玉や竿もIラインにあたる。

​Iラインについて

​痛み

陰部、性器周辺

​軽くゴムを弾く程度かそれ以下の痛み

​施術時の体勢

​仰向け+ベッド幅に足を開く

 

Oラインである肛門周辺のムダ毛は排泄物が付きやすく、こびり付くと剥がすのも大変なためできるだけ脱毛しておくべき。おしりの穴、肛門付近がOラインにあたる。

Oラインについて

​痛み

​軽くゴムを弾く程度かそれ以下の痛み

肛門周辺

​施術時の体勢

​うつ伏せ

​アンダーヘア以外にも人気の脱毛部位

 

​ワキ脱毛について

​手入れが面倒、他者に見られたくないなどの理由でVIOとセットで脱毛される女性は多い。

​メリット

​ほとんど痛みがない

​痛み

​仰向けで手を上にあげていただきます。

​施術時の体勢

 

​顔脱毛について

男性の場合はヒゲが生えてしまうので、シェービングの手間から解放。介護士によるカミソリ等を使ったシェービングは美容師法により禁止されているので脱毛されるかたは多い。

女性でも年をとるに連れて、顔の毛が濃くなるため脱毛される方は多い。

​メリット

 

(男性)輪ゴムを軽く弾く程度

(女性)ほとんど痛みなし

​痛み

 

​仰向け

​施術時の体勢

 

ミドル・シニア世代は

アンダーヘアー脱毛に抵抗あり?

今までミドル・シニア世代の女性にとって、サロンで脱毛する事とは疎遠であり、ましてや人前でデリケートゾーンを出して脱毛するなんて考えてもみなかった!という方は少なくありません。

・脱毛は若い子が行うこと・・・
・いまさらVIO脱毛なんて・・・
・デリケートゾーンを他人に見せるなどはとてもじゃないけど恥ずかしい
・この歳で若い子に混ざって脱毛サロンに行くことが恥ずかしい
・何を基準にお店を選んでいいのかわからない


といったさまざまな不安や悩み、戸惑いがあるかと思います

 

当サロンはそこをしっかり配慮し看護経験のあるスタッフによる安全、安心なサービスを提供しています。

 

高齢脱毛はエチケットとして定着

脱毛経験があるという方は30代では43%、40代で26%となっており、高い割合で脱毛に興味や関心を持つ人が多いということがわかります。

これは30代や40代で親の介護を実際に経験したことで、自分が介護される側になったときの介護する側と介護される側の事情が体験を通して理解できたことにより、

 

自分が介護されるときに備えて介護脱毛が必要であると感じ関心を持ったり実際に脱毛をしたりする人が増えているということの証明でもあるのです。

 

​みらい脱毛(介護脱毛) 体験者の声

スタッフ

脱毛される前の脱毛のイメージはどうでしたか?

痛いというイメージが一番強かったです。始めにレーザー脱毛に行きましたが、光脱毛にめぐりあえて、全然痛くないというイメージに変わりました。

​池田様
スタッフ

レーザー脱毛が痛み100だとしたら光脱毛はいくらくらいでしたか?

10か20くらい。5倍くらい違うと思います。人にもよりますけどね。特にこの辺は皮膚が薄い箇所ですし、色素沈着とかもするところですので余計にレーザーは痛いです。

​池田様
スタッフ

​介護脱毛はなぜしようと思ったのですか?

私は親の介護をされているのを見て、将来自分が介護されるようになった時を想定して、その準備としてアンダーヘアー(VIO、舉丸、竿)を永久脱毛しておくことだと思い、私は介護をする人の負担を少しでも減らせると思うので脱毛は当然のことだと思います。

​池田様

​介護脱毛のきっかけ、体験した感想

 

​脱毛をはじめたきっかけは?

​テレビで介護脱毛の特集を観て、実際に介護の仕事をしている友人にデリケートゾーンの事情を聞いたと時にアンダーヘアの毛は無い方が介護の時キレイにしやすいということを聞き、自分がお世話される時のことを考えました。

​実際に今母の介護をしていて、その際に毛があると拭きとりにくかったり、衛生的にも悪いと感じました。将来自分が娘に介護してもらう時に、少しでも負担をかけない為に始めました。

​娘から介護をしやすいようにキレイにしておいてと言われアンダーヘア脱毛を始めました。

​介護の仕事をしている際に、入所されている方を見て、どんな場面でも女性を捨てたくないと思ってはじめました

 

​体験した感想は?

​自己処理のめんどくささや、生理中のむれなどが解消され、楽になりました。気にせずに過ごせるのが楽だし、今後の事を考えても安心します。

​実際に今母の介護をしていて、その際に毛があると拭きとりにくかったり、衛生的にも悪いと感じました。将来自分が娘に介護してもらう時に、少しでも負担をかけない為に始めました。

​エステサロンで施術を受ける際、お腹のもみ出しをしてもらう時に、少しでもエステ用ショーツがズレて毛が出てしまうのをヒヤヒヤしていたけど、今は全く気にしなくて済むようになりました。

​痛みが無いか不安だったり、恥ずかしいと感じていました。ですが回数を重ねていくうちに毛量が減り、毛が細くなるなど効果を実感できていますし、以前よりもムレや痒みなどの肌トラブルが軽減されてとても楽になったと感じています。自分や周りの人の為になる脱毛だと思います。

 

​介護脱毛が当たり前の時代へ

今現在日本においてアンダーヘアの脱毛は他人への配慮として定着しつつあり、超高齢化社会を世界に先駆けて迎える介護大国としての日本のスタンダードとなることは間違いありません。

 

高齢脱毛を提供する専門のサロンの増加に伴いミドル・シニア層の脱毛経験者の数もここ10年で倍増ているという結果も出ており、

 

もともと他人様に迷惑をかけてはいけないという精神が浸透していたこの国において、介護に備えたエチケットとしての高齢脱毛の定着はさらに進むのではないでしょうか。

 

​介護脱毛ブームの背景に2025年問題

日本の人口の年齢別比率が劇的に変化して「超高齢化社会」となり、社会構造や体制が大きな分岐点を迎え、雇用、医療、福祉など、さまざまな分野に影響を与えることが予想されることを指します。

 

日本の人口は2010年を境に減少を続け、2025年には約800万人いる団塊の世代が後期高齢者(75歳)となり、国民の4人に1人が後期高齢者という超高齢化社会を迎えます。

 

逆に社会保障の担い手である労働人口は減っていくため、社会保障費の増大、不足が予想されるほか、医療、介護分野の整備や少子化対策が急務となっています。

2025年問題から住宅サービスが伸びざる得ない状態。

 

5年後には在宅介護を受ける人が427万人にまで

 

家族には迷惑をかけたくないから、施設に入ろう、、

しかし、施設はパンク状態、、

という事態がこれから先さらに多くなってきます。

 

そんなご家族の負担を少しでも減らし在宅介護であっても思いやりをもってお互いが心地よく生活するために介護状態のリスクとストレスをどう減らすか。

 

このような時代に介護を受けるやもしれないシニア世代、40,50代の方達が介護脱毛する方が増えています。

 

​NHKでも特集!話題になっている高齢脱毛

NHKでも高齢脱毛を取り上げた特集が放送され、

 

自身の介護経験から介護する時のアンダーヘアによる時間や手間の増加を知って高齢脱毛を決めたという方の例を取り上げ、

 

アンダーヘアがない方がいいに決まっているけど自分はそこまでする気はない、

という人たちの考え方を変えるほどのアンダーヘアによる介護の負担の増加という現実を明らかにすることで反響を呼びました。

 

​週刊新潮でも大きく特集

週刊新潮では介護現場からの観点から排泄ケアと介護脱毛について特集されていました。

現在の日本で、介護を要すると認定されているのは660万人。この20年間で3倍に増加するなど、まさに国民的課題と言える。

 

当事者にとって深刻な問題なのが「排泄」の処理だ。リスクとストレスをどう減らすか​。「下の毛」の脱毛までブームという、介護の現場事情。

詳細

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12151100/

 

医療脱毛専門院『リゼクリニック』では、 30~50代の男女450名を対象に【働き世代の老後や介護、 ムダ毛に関するアンケート調査】(対象期間:2018年12月20日~24日の5日間)を実施。

介護脱毛に関する意識調査

Q.2介護する第三者への配慮に備え、 事前に自分のムダ毛を脱毛しておく「介護脱毛」は必要だと思いますか?


・必要   65.2%
・必要ない 34.8%
(Q.1で介護経験あり、 または介護中を選択した回答者)




Q.1あなたは現在までに「第三者の介護」をした経験がありますか?


・今までに「介護」した経験がある  (男性12.1%/女性8.5%) ・今現在「介護中」  (男性 6.7%/女性3.6%) ・近い将来「介護」する立場になると思う  (男性10.3%/女性15.7%) ・遠い将来「介護」する立場になると思う  (男性12.9%/女性24.7%) ・「介護」経験はまったくなく、今後も予定はない  (男性58.0%/女性47.5%)




​Q.3「第三者の介護」を経験の際に、大変だったこと(大変なこと)は何ですか?


1.排泄の介助      :63.8%
2.自分の時間が取れない :46.4%
3.コミュニケーション  :39.1%
4.仕事の両立      :37.7%
5.費用の捻出      :36.2%
(Q.1で介護経験あり、 または介護中を選択した回答者)




​Q.4もしもパートナーに介護が必要になったら、どのような方法でサポートしたいですか?


1.介護士に依頼   :30.2%
1.介護施設への入所 :30.2%
2.自分で介護をする :29.5%
《全体》




​Q.5あなたは「自身の老後」に不安を感じますか?


不安を感じる:88.4%(30代80.5%、40代88.8%、50代95.9%)
とても感じる:49.7%(30代46.3%、40代48.7%、50代54.1%)
少し感じる: 38.7%(30代34.2%、40代40.1%、50代41.8%)
不安はない: 11.6%(30代19.5%、 40代11.2%、50代4.1%)
《全体》




Q.6将来ご自身が介護されるまでに、「意識してやっておきたいこと」は何ですか?


1.貯金     64.2%(30代66.4%、40代64.5%、50代61.6%)
2.お金の整理  53.9%(30代53.7%、40代54.6%、50代53.4%)
3.荷物の整理  48.5%(30代38.9%、40代54.6%、50代52.1%)
4.遺言書の作成 31.5%(30代34.9%、40代32.2%、50代27.4%)
5.介護脱毛   22.1%(30代26.8%、40代23.0%、50代16.4%)
《全体》




Q.7あなたが「両親ほか家族の介護をする立場」だとして、 その場合「事前にしておいて欲しいこと」はありますか?


1.資産管理の整理(暗証番号など含め):56.4%
2.まとまった金額の準備:       54.5%
3.友人や親せきなどの連絡先まとめ:  48.9%
4.荷物の整理:            39.3%
5.アンダーヘアの脱毛:        19.4%




Q.8あなた自身が老後に介護される立場になった際に 特に見られたくないと思う体の箇所はどこですか?


1.局部(VI・肛門・アンダーヘア):73.2%
2.胸・背中:           20.1%
3.お腹: 11.4%





高齢脱毛をするなら40代からがおすすめ

 

高齢脱毛は介護する側される側の双方に介護による肉体的、精神的負担を軽くしてくれる効果が実証されていることで、介護を受けるための準備として大変メリットの大きなものです。

 

しかし、今の脱毛技術においては白髪になってしまってからの脱毛は難しく、介護に備えた脱毛を考えるなら白髪になる前の40代くらいから高齢脱毛について考えていく必要がありますし、

 

肌の黒ずみや痛みの感じ方という要素を考慮してもやはりまだ若さのある40代からの高齢脱毛がより良い選択となります。

 

  • 介護士や家族の負担を減らすことができる

  • 陰部の炎症や感染症予防になる

  • 臭いやむれなど、不快感なく気持ちよく過ごすことができる

  • 家族にムダ毛の処理をさせるなど、恥ずかしい思いをせずに済む

など、将来のメリットだけではありません!

 

「介護」と聞くとまだまだ先のことのように感じますが、元気なうちから準備を始めることで、これから先何年もの日常生活を快適に過ごすことができます。

今現在デリケートゾーンをお手入れされているようであれば、この先何年もの自己処理の手間を省くことができます。

 

  • 水着やおしゃれな下着を身につける時、温泉旅行など、急な行事でも心配無用に!

  • ムレや臭い、不快感からの開放!

 

生理の時や夏場の暑い時期、タイトなボトムスを履いた時に起こりやすいデリケートゾーンのムレや、臭い。これらもムダ毛が関係しています。

 

ムダ毛をなくすことで雑菌の繁殖を防ぎ、いつでも快適に過ごせます。

脱毛しながら肌ケア!気になる黒ずみも改善!

 

miraiが使用する脱毛機はフォト美顔の光を含み、脱毛と同時に肌ケア効果もあります。自己処理によるデリケートゾーンの黒ずみや肌荒れも改善へと導きます。

早く始めれば始めるほどお肌への負担も減らせます。

 

VIO脱毛で後悔しないためのQ&A

VIO脱毛前の自己処理はどうやるの?


電気シェーバーで事前に処理しておいてください。 VIO脱毛を行う際は、施術の前日か当日までに自己処理をしてご来店お願いしております。 その際、 毛抜き ブラジリアンワックス などを使うのは避けてください。 これらで自己処理を行ってしまうと脱毛効果が落ち、肌トラブルも起きやすくなります。 おすすめの電気シェーバーは ​【パナソニックのフェリエ】がおすすめです。 ​細かなところも安全に剃れますし3,000円程度で購入可能です。




VIO脱毛の恥ずかしさは?


VIO脱毛では紙のショーツを着用して施術が行います。 最初は恥ずかしいかもしれませんが、看護経験もあり、何人ものVIOを脱毛してきたプロです。 お声かけをしながら施術しますので、恥ずかしさや痛みも徐々に気にならなくなるかと思います。




​VIO脱毛は白髪でもできるの?


脱毛機は毛の黒い色素に反応する脱毛方式が多いため、白髪になってしまうと脱毛が難しくなります。 しかし、白髪交じりの状態であれば「光脱毛」や「レーザー脱毛」で黒い毛を減らしてからニードル脱毛をするという方法がおすすめです。 ニードル脱毛は、白髪を確実に脱毛できる脱毛方法であるとされています。 ニードル脱毛は通称「電気脱毛」や「針脱毛」とも呼ばれ、毛穴一つ一つにアプローチして脱毛をしていく方法です。 毛穴一つ一つに専用の電気針を差し込み、そこから特殊な電流を流し込むことで毛を生やす組織にダメージを与えていきます。 光・レーザー脱毛のように、メラニン色素に反応させて処理するわけではないので、白髪にも有効な脱毛方法であると言えます。 しかし、ニードル脱毛は毛穴一つ一つに施術をすることから、かなり時間がかかり、料金が高額となっています。 おおよそ毛穴1本につき110円-130円ほど 費用がかかります。すべてニードル脱毛で施術を受けると50-100万ほどかかることも。 さらに、施術時の痛みを感じやすく、個人差はあるものの特にVIOでは強い痛みを感じやすいと言われています。 そのためまず光脱毛で黒い毛を脱毛したあと、どうしても白髪も脱毛したい場合はニードル脱毛を受けることをおすすめします。 ​黒い毛だけ脱毛するだけでも、かなりの減毛になりますので介護脱毛としては大きく役割を果たしている言えます。




VIO脱毛は光、レーザーどっちがおすすめ?


光脱毛、レーザー脱毛のメカニズムの違いについて 「光脱毛」「レーザー脱毛」 この2つの脱毛方法の違いは一つで、照射する光の波長の種類の違いになります (左)光脱毛の場合は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する方法です。 (右)レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集めて照射する方法です。 光脱毛、レーザー脱毛の脱毛効果の比較 効果では、単一の波長で集中的に熱を集めて照射する「レーザー脱毛」のほうが効果があります。 しかし、ここ10年で光脱毛の技術は急激に進み、一番脱毛が難しいと言われる男性のヒゲですら、しっかりと脱毛できるようになりました。(難しいと言われる理由は人間の部位で一般的に一番濃い部位になるからです。) 光脱毛もレーザー脱毛に効果の面で、少し劣りますが遜色ないと言えます。 光脱毛、レーザー脱毛の痛みの比較 レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集めて照射する方法です。 毛根を破壊する方法になりますので、強いを痛みを伴います。麻酔が必要になる場合が多く、痛みに耐えきれず、通うことを止めてしまう方もいます。 光脱毛の場合は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する方法です。光脱毛は毛を生成させる司令塔に、弱い熱を蓄積して発毛因子にダメージを与える方法(蓄熱式脱毛)です。 そのため痛みがほとんどなく脱毛できるのです。 光脱毛、レーザー脱毛の脱毛可能な部位について比較(最重要) みらい脱毛(介護脱毛)では、脱毛可能な部位については、最重要要素になります。 レーザー脱毛は基本的に男性の竿と玉の部分が脱毛不可となっています。 それに対して、当サロンが提供している光脱毛(蓄熱式)に関しては、男性の玉や竿の部分まで全身どこでも脱毛可能となっています。 意外とこの事を知らず、レーザー脱毛、光脱毛、両方通わないといけないケースも出てしまっています。 アンダーヘア脱毛を一括で全てするのであれば、1店舗で全て行えたほうが料金面や時間面でもメリットは大きいため、光脱毛がおすすめです。 ​まとめ みらい脱毛(介護脱毛)なら、光脱毛! 効果の面では少しレーザー脱毛に少しは劣りますが、ここ10年で大きく光脱毛の技術は急激に進み、濃く、太い毛にもしっかりと効果が出せるようになり、レーザー脱毛と遜色ないくらいになりました。 そして、光脱毛のメリットとしては、痛みがほとんどなく、通いやすいというところ。 レーザー脱毛、光脱毛、双方とも数回通っていただく必要があるので、しっかりと通えるというのは重要な要素です。 さらに、みらい脱毛(介護脱毛)ではアンダーヘアを脱毛する方が多く、特に男性であれば、全身どこでも脱毛可能な光脱毛を選択しましょう。 【注意】レーザー脱毛ではIラインができないことも 男性に限った話ですが、男性の性器部分はレーザー脱毛では基本的に脱毛はできません。 ​当サロンは光脱毛のために性器部分(玉、竿)も脱毛可能です。





 
 
 
 
 
 
 
 

​COMMITMENT

 
 
 

看護経験のあるスタッフによる安全、安心な施術

光脱毛(蓄熱式)のため、痛みを最小限に抑えた脱毛

痛みがないだけではなく、効果がしっかりと出る最新機器を導入

お客様の好みに合わせた、Vラインのハイジニーナやデザインのご相談

​介護脱毛サロン mirai のこだわり

BOOKING​

​ご予約

ご予約はお電話・WEBにて受け付けております。
ご不明な点やお問い合わせに関しましては、お気軽にご連絡くださいませ。

介護脱毛 男性・女性|大阪 梅田での介護脱毛は介護脱毛サロンmirai(みらい)|介護されてもどこまで も自分らしくあるためのmirai(みらい)への備えです|看護の経験を生かした安心な施術|当サロンでは介護脱毛をmirai(みらい)脱毛と呼んでいます|​mirai(みらい)のための脱毛こそ介護脱毛だと考えています

©️2019mirai

©︎mirai All Rights Reserved.